新大学1年生が約3ヶ月で起業を目指すブログ

ネットショップを開いてみます。

渋谷 原宿 に行ってきました。

みなさんこんにちは、Riecleです。

 

今日はファッションのことについて書こうかなーと思っています。

そういうわけで昨日ファッションのまち原宿へ行ってきました。

 

それで一人じゃ寂しいなと思い友達も引き連れて、2人でショップ巡りをしに行きました。

 

 

ですが一つだけ問題がありまして、

 

実はその僕の友達は言っちゃ悪いんですけど最強にダサいわけなんですよ。

 

 

着る服は全部お母さんが買ってきたやつだと言っていて、

大学生でこれはまずいよなあと思い、

急遽ショップめぐりをすることになった次第です。

 

友達の名前をA君としましょうか。

しかしながらそのA君の持ってるアイテムが恐ろしいほどダサいダサい。

よくもまあこんなにもダサいアイテムばかりを取り揃えたなあと感嘆してしまうほどのダサさでした。

 

 

詳しく書いてみます。

 

 

 

1:異様に多いジーンズ

 

A君のズボンはジーンズ3着に黒のパンツ1着だけでした。

まず最初にタンスの中を見せてもらったんですが、

突然目に飛び込んだのは積み重なるジーンズ、めくれどもめくれどもジーンズ、ジーンズ。

引き出しを引いた瞬間に、僕はA君のことを若干引いてました(笑)

それぐらい衝撃的でした。

 

2:ロングTシャツが重ね着風シャツしかない

 

驚くかもしれませんが実話ですよ(笑)

そんなに持っててどうするの!??ってぐらい、4、5着はありましたね。

それがかっこいいなら問題はないのですが、案の定全てがダサい。

原宿に行くんですから最低でも普通レベルの格好をさせようと思ったのですが、

ロンTが全部重ね着風シャツではもう太刀打ちができません。

 

3:中学生のきてる無数の英字プリントのTシャツ

 

きわめつけは英字のやばいシャツ

これはもうタンスの中から取り出さなくてもヤヴァイと分かりましたね。

ロンTで絶望したので、もう半袖にかけるしかないと祈っていたのですが、願い叶わなかったようです。

 

というか大学生にもなってこんなの着てるやついるのか…と絶句してしまいました。

中坊シャツ着てる人が大学のキャンパス内うろついてたら誰も近寄ってこなさそうですよね(笑)

 

 

ってな感じでまとめるならば、

 

やばい

 

の一言に尽きます。

 

 

「この中からいったいどんなコーデすればええねん…」

って感じでした。

 

ただ無地の白いインナーをかろうじて持っていて、さらに青色のセーターを持っていたので、それらとジーンズを組み合わせてまぁ普通かなーという程度の服装をさせることができたので、一安心です。

 

あと奇跡的にMA-1を持っていたので、それもコーデに入れ込ませてもらいました。

 

本人曰く、

 

「そんな服持ってたっけ?」

 

ということですが(笑)

 

 

  

ファッションのポイントはやはりシンプルであることですよね。

その中でどういう色を際立たせるかでオシャレかそうでないかが別れると思います。

変にごっちゃごっちゃさせすぎるのは、ただうるさいだけなんですよ。

 

 

さて準備も整ったので早速出発しまして、

まず渋谷のハチ公前あたりからスタートして、数店舗の寄り道をしながら原宿に向かうというルートをとりました。

 

ただ僕の友達のA君の軍資金が2万とちょっとだったので、これは古着メインで考えるしかないなぁと思ってました。

 

 

 

さて、最初に向かった先は『stomy』というお店。

 

渋谷から原宿に向かう道のりにあるおみせです。

そこはスケートボードはもちろん、スケボーファッションを中心としたアイテムが豊富に取り揃えられていて、僕もお気に入りのお店です。

 

いいのは数個あったのですが、やはり新品は高いということで、

古着を見てからにしようと、何も買わずに立ち去りました。

 

 

 

そして次に向かったのが、セカンドストリートという古着屋。

 

ここはとにかく安いものが多く、しかも品数が多いということで、僕もよくここで買い物をします。

 

さて、まずはTシャツでも買うかと思いまして、

できるだけシンプルなものがいいなあと思いつつ探していたら、

緑色のいいTシャツがありました。

しかもロゴが一つのとてもシンプルなシャツで、XLargeというブランドのシャツでかなりの有名どころ。

そのくせ値段は2000円ということで、問答無用で即購入しましたね。

 

あとは他に、

定番の白と青の幅広めのボーダー柄のシャツを1500円で購入。(安すぎる(笑))

 

あとそれと合うような綺麗目のネイビーのパンツも3000円で購入。

 

グレーのスウェット生地の半ズボンも2000円という低価格で購入。

 

だいぶコスパのいい買い物ができたと思います。

今回は資金があまりなく、とりあえず大学生が着てそうなファッションを目指して見たので、

だいぶ安価に買い物ができましたね。

 

あとはまだまだ夜は寒いですし、長ズボンももう一着買っておこうかなと思い、

汎用性が一番高いのはサンドベージュのチノパンかなあと思いさがして見ましたが、

残念ながらセカンドストリートにはいいチノパンはありませんでした。

 

 

 

続いて色々回ったのですが、どこもサイズが合わないか値段が高いかで、なかなか理想とするようなパンツには巡り会えませんでした。

 

 

 

そして今度こそ!と思って入った店が、『buzz store』という店です。

 

セカンドストリートには品数では劣るものの、十分多くのアイテムが安価で売っているお店です。

ちょうどstomyの向かい側にあるので、原宿から渋谷への帰りがてら寄ってみた感じです。

 

 

さて、そこでサンドベージュのパンツを探していると、ありました。

しかもDickiesという有名ブランドのパンツ。

早速試着させてみたところ、サイズはぴったり!

きになるお値段も…3500円

そんなに高くなくいい値段!

即購入させました(笑)

 

 

 

この時点での合計購入金額は12000円。

結構お金が余ってしまったので渋谷のショップも回ってみることにしました。

 

 

そこで最後に入ったお店が、

 

『MORTAR』という、

 

これもまたスケボーブランド中心のセレクトショップ

 

そこで服を見ていると、なななんと、ΔΣΠの新作が出てるではないですか!!

ΔΣΠを知らない人も多いと思いますので、解説をします。

 

ΔΣΠでディアスポラと読みます。

 

これがまた実にアーティスティックなブランドで、

シンプルな中に凄まじい芸術性を秘めてるといいますか、

とにかく僕の大好きなブランドなんですよ。

 

さて、ディアスポラの新作はコーチジャケットでした。

しかもただのコーチジャケットではなく、スカジャンのようなコーチジャケットだったんです。

見た目はスカジャンなんですが、生地はコーチジャケット

 

新しい!!!!

 

と思い、衝動買い。

 

定番の黒やネイビーも残っていたのですが、面白いコーデがしたいなと考えて、

あえてグリーンを購入

サイズはもちろんXL。生地も薄めなので重ね着も楽にできそうです。

 

さてA君はというと、なんと僕と同じコーチジャケットを試着していた。

そしてなんと購入したいという。

しかも選んだ色は赤色!!

 

赤色は汎用性が少ないんだけどなぁと思いながらも、

せっかく自分で決めた色なのでそのことは口に出さずに本人に任せました。

 

ただやはり自分で選ぶというのは大事ですね。

 

僕も初めて自分で服を買ったときはすごくワクワクしましたもの。

そこからファッションについて考え始めることができたんですから。

 

友人Aくんにもファッションの面白さにのめり込んで欲しい限りです(笑)

 

さて、そろそろまとめに入りましょう。

 

今日A君が買った品物は、

 

若葉色のシンプルT          2000円

青と白のボーダーT          1500円

ネイビーのズボン          3000円

グレーの短パン             2000円

サンドベージュのチノパン                3500円

えんじ色のコーチジャケット           10000円

 

合計              22000円

 

これだけでも夏であれば5、6回分ぐらいのバリエーションができますね。

A君も喜んでいました。

 

いやーやはり服というのはいいですね。

見ていて楽しいですし、組み合わせるのも楽しい。

私が買ったのもまたブログにのっけようかなと思っています。

 

では長くなりましたがそろそろ終わりにしましょう。

ここまで見てくれた方、ありがとうございました。

それではさよならー。

 

 

 

↓次の記事

 

starting-business.hatenablog.com